天叢雲剣(MURAKUMO)画像

水中3Dスキャンロボット天叢雲剣
MURAKUMO

W.S.Pが開発した水中3Dスキャンロボット「天叢雲剣(MURAKUMO)」によって作成されたフォトグラメトリ3Dモデルは精密で、
海底の地形から環境に関わる情報まで習得が可能です。数キロ~数10キロにわたる範囲の3Dモデル作成も可能です。
海底ケーブル調査・沈船調査・洋上風力発電所施工前査定など、産業上において様々な用途に利用可能なロボットです。

天叢雲剣(MURAKUMO)を使用すれば、
見えない部分が見えてきます。

イメージ

世界最高レベルの精度!
水中ドローンによる沈没船の3Dスキャン

2020年9月、水中ドローンシステム「天叢雲剣(MURAKUMO)」を使い、沈没船「蕨」の3Dモデル化に成功しました。
ムラクモを使うことにより、世界で初めてミリ精度の3Dモデルの作成が可能となりました。

天叢雲剣(MURAKUMO)3Dスキャン画像

初の水中撮影 駆逐艦「蕨」93年ぶりに発見
テレビ朝日「報道ステーション」に弊社が取り上げられました。詳細はこちら

世界最大規模!海底地形の3Dスキャン

2021年4月初旬、沖縄県与那国町新川鼻付近60m×300mの海底地形で行いました。
与那国の世界的に有名なダイビングスポットでもある海底地形を水中ドローンシステム「天叢雲剣(MURAKUMO)」を使い、
世界で初めて3Dモデル化に成功しました。
水中ドローンによる3Dスキャンでは世界最大級の規模となります。

3Dスキャンにより透明度の影響で
見えない部分が見えるようになります。

天叢雲剣(MURAKUMO)3Dスキャン画像
天叢雲剣(MURAKUMO)3Dスキャン画像

MURAKUMOを使った
海底3Dスキャンサービス・海のバーチャルストリート
「Sea street®」

サービスについてはお問い合わせくださいませ。

洋上風力発電所や
海底ケーブルのロボットメンテナンス

再生可能エネルギーの利用拡大を目指し、W.S.Pは洋上風力発電所の普及に向けた活動を行っています。
W.S.Pが開発した水中3Dスキャンロボット天叢雲剣(MURAKUMO)を使うことで、風力発電設備や海底ケーブルの点検をすると共に、海洋環境の保全を行えます。

天叢雲剣(MURAKUMO)ロゴ

海域空間計画(構想例)

イメージ 出典:九州大学(浅海底フロンティア研究センター)

マルチビーム測深図を基にした実際の海底地形図および陸上の三次元図の上に、架空の海洋空間計画を重ねた構想例

ケーブル敷設ルートについては、
天叢雲剣(MURAKUMO)を用いた詳細な3Dスキャンを基に施工シミュレーションを行うと共に、
敷設後のメンテナンスにも天叢雲剣(MURAKUMO)の3Dスキャンを使用することができます。

海底ケーブルの敷設状況
出典:TeleGeography「Submarine Cable Map」
イメージ
石垣海底地形 3Dスキャン
USSエモンズ 3D動画

MURAKUMOを使った
海底3Dスキャンサービス・海のバーチャルストリート
「Sea street®」

サービスについてはお問い合わせくださいませ。